デリヘル巡り

埼玉のデリヘル店でやる気のないデリヘル嬢に当たってしまった時のこと

デリヘルで遊ぶ人がたまに当たってしまうのがハズレ嬢ではないでしょうか

人によってハズレと捉える感覚は違うと思いますが私の場合ブスやデブと言った外見的要素ではなく、やる気が無かったり手を抜こうとする子、少しでも時間を短縮させようとする子などを指します。
そしてそんな子に当たってしまった時の対処法を紹介したいと思います。
まず自分がライターをしているという事を相手に知らせましょう。
ライターと言ってもブログを書く人から社会記事を担当している人までピンキリですがライターをしているというだけでデリヘル嬢はすごい媒体に記事を納めているのではないかと勘違いしてくれる事があります。
その上で伝家の宝刀「風俗ライターもしている」という必殺技を使ってみたら「どういう事書くの」と食いついてきます。
私は先日埼玉でかなり愛想が悪くやる気のないデリヘル嬢に当たりましたが風俗ライターをやっていると言ったらいきなり態度が変わり「じゃあ今日のこと書いて」と言っていきなりやる気を出してそれ以降濃厚プレイをしてくれました。
もし困ったら使ってみて下さい。
悪い事を書かれるかもしれないと思ったら大体のデリヘル嬢は舐めた態度を取らなくなるため効果的です!